INTRODUCTIONイントロ

がんばるアナタにポジティブな魔法をかける
お仕事エンターテインメント!

どんな仕事にも、当事者にしか分からない苦労や、だからこそ感じられる最高の“楽しさや、やりがい”が詰まっている!『プラダを着た悪魔』のファッション・エディターしかり、『舟を編む』の辞書編纂しかり、ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」の校閲しかり。知れば知るほど奥が深い色んなお仕事に大いに興味をそそられ、同時に彼女たちが奮闘する等身大の姿に共感し、“そうだ、そうだ”とエールを送らずにいられない。そんな映画は、いつも私たち“働く女性”の琴線を震わせる。今度の舞台はズバリ、“遊園地”。 みんなが楽しむために訪れる遊園地の、その裏で働くお仕事ってどんなもの?
非日常を演出する人たちの、日常ってどんなもの?
本作のヒロインは、彼氏と同じ超一流ホテルチェーンに就職したのに、いきなり地方の系列遊園地に配属された22歳の新入社員、波平久瑠美(愛称:なみへい)。そうなると当然、モチベーション皆無。地方を脱し、東京に戻ることばかりを考えている。みんなから“魔法使い”と呼ばれ慕われるカリスマ上司・小塚慶彦のことも気に食わない。ところが自分の未熟さと空回りを痛感し、小塚や仲間に助けられ、少しずつ仕事の何たるかが分かり始めると……あら、不思議。仕事がどんどん面白くなっていく。そしていつしか久瑠美は、働くことに大きなやりがい、楽しさを感じるようになる。小塚に対して、憧れとも恋ともわからない感情を抱きだしたある日、久瑠美は小塚の秘密を知ってしまう…。
――遊園地の裏側ってこんな風になっているのか、と内幕的な面白さにあふれていると同時に、「私、こんな仕事やるために大学を出たわけじゃありません!」と息巻く久瑠美に胸がチクチク。彼氏と一緒に居るために就職した、まるで主体性のなかった久瑠美が、仕事を通して自分を見つめ、意志を持って動き出し、カッコいい女性になっていく。働いた経験のある人なら誰しも、悩み、迷いながら奮闘する姿に共感し、やがて仕事の極意を掴みとる久瑠美に、快哉せずにいられない。 知っているようで知らない“遊園地の舞台裏”を舞台にした、最高にハッピーな“お仕事エンターテインメント”が誕生した!

旬な俳優陣が、 ド田舎遊園地を駆けまわる!

主人公の波平久瑠美を演じるのは、NHK連続テレビ小説「あさが来た」に主演後、初の長編映画主演をつとめる、波瑠。半人前の久瑠美が、勝手に空回ってジタバタする前半から少しずつ表情も顔つき自体も変わっていく成長過程を、緻密な計算と柔らかな感性で見事に演じ切った。
身をもって久瑠美に“気づき”を与え、背中を押す“魔法使い”ことカリスマ上司・小塚に西島秀俊。近年、クールな役が多かった西島が、久々に向日葵のような底抜けに明るい笑顔を見せるのも大きな見どころだ。イラ立つ久瑠美をもろともせず、「やめろよ、呼び捨ては!キュンとすんだろ」と言い放つなど、コミカル演技の西島に改めて魅了されて欲しい。 その他、今をときめく俳優勢が、2人をぐるりと囲む。東大卒の新入社員・吉村に岡山天音、カラッと明るくポジティブな弥生に橋本愛。そして久瑠美の彼氏トシ君に中村倫也。3人3様、個性あふれるキャラクターになり切り、物語のいいアクセントとなっている。
原作は、「海猿」「S-最後の警官-」など、仕事小説に定評のある小森陽一の「オズの世界」。これまで硬派な職業をモチーフにした、男性主人公の作品を多く書いてきた小森が、初めて女性を主人公に据え、新境地を開いた小説である。既に「ふしぎの国の波平さん」としてコミカライズされている。監督は、「SP」シリーズやドラマ「わたしに運命の恋なんてありえないって思ってた」など、幅広いジャンルで演出力が認められている波多野貴文。
“若い女性の心情を書かせるならこの人”と白羽の矢を立てられたのは、今、最も勢いのある若手脚本家、吉田恵里香。映画『ヒロイン失格』『センセイ君主』やドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」などで活躍する吉田の、コメディとシリアスのバランスの巧さが本作でも光っている。
舞台となる遊園地「グリーンランド」は、実際に熊本県にある同名遊園地。佐賀県出身で、現在も福岡県に在住する小森が、実在の遊園地を舞台に書き上げた原作だ。そして監督の波多野貴文は、ズバリ、熊本県出身。さらに「小さな頃からよく来ていた」と現場を大いに楽しんだ橋本愛も、熊本県出身者。エキストラに多数参加した熊本県民の温かさ、グリーンランドの万全のロケ地協力体制など、現在も復興中の、熊本の優しさとエネルギーを随所で体感できる作品となっている。